Breathing

breathing2.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 12日

災害ボランティアの注意点



災害ボランティアの注意点
災害ボランティアは自己完結が原則
阪神大震災をきっかけに、大きな災害時にボランティアの果たす役割が重要であることが認識されるようになりました。  
災害時ボランティアの活動には、避難所や救援活動団体の拠点を中心として、住民の安否の確認、高齢者・障害者・子どもの世話、救援物資の配布、炊き出しの手伝い、情報提供、被災者の生活環境の改善などのほか、直接現地へ行かなくても後方からの支援として、義援金や現地ボランティアを支援する募金、あるいは救援物資の送付などさまざまな支援方法があります。災害時のボランティアは通 常のボランティアとは異なる対応が求められることに注意しましょう。



【被災地でのボランティア活動の注意点】


自分自身の自立


大きな災害では、行政機関や交通 機関など、被災地は混乱しています。災害ボランティアについては、現地の人に迷惑をかけないよう、自分の持参すべき身の回り品、宿泊場所、食料、情報の伝達手段などは自分で確保しておくなど、自分自身の自立が必要です。

持参すべき身の回りの品の例
動きやすい服装(帽子、ジャンパー、作業ズボン、底の厚い靴、防寒着等)リュックサック、ウエストポーチ、雨ガッパ、折りたたみ傘、寝袋、懐中電灯、電池、マスク、軍手、ゴミ袋、携帯ラジオ、洗面 用具、ティッシュ、救急セット、水筒、保存食、着替え用下着、上着、お金、保険証、テレホンカード、筆記具、地図、その他

現地の状況を知る

現地の活動団体に参加し、オリエンテーションを受け、現地の状況を理解した上で、自分の活動内容や役割を把握する。

健康管理

無理は禁物。自分の健康管理には十分気をつける。

ゴールを考えた行動

被災地の自立が最終目標、その目的に添った行動を展開する。

************************************************************************

みなさん おはようございます。
私をはじめここをご覧頂いている方々は無事でらっしゃいますよね。

東北を中心に大変なことになっていますね。
こんな時こそ、ネットの輪で助け合うことが出来れば!と思います。
復興には人出が必要になってきますが
上記のようにボランティア活動には注意点が必要ですので、私は今自分にできることを探します。
節約し、募金のための貯金をはじめます。
とても小さなことですが、その気持ちを持って多くの方が動いてくだされば大きな力にできますよね。
どうか被害がこれ以上に広がりませんように。
[PR]

by breath517 | 2011-03-12 09:05


<< No.556      No.555 >>